1. TOP
  2. 新着記事

新着記事

  • 情熱のアレ ネタバレ あらすじ 感想

    漫画「情熱のアレ」を今回ご紹介。OLのマキは、付き合って4年。同棲して3年の彼氏がいる。 しかし、2年間セックスレスが続いていたのであった。まったくその気がない彼。 むしろ、積極的に行うことが嫌いであった。なので、彼にも言えず、友人にも相談できずに過ごしていた。 自分に魅力がないのでは??と、ずっと悩んでいたのであった。 そんなある日、母が過労で倒れてしまい駆けつける。 ひょんなことから、母親の経営している「大人のおもちゃ」の問屋の仕事を手伝うことになる… 今回は、漫画「情熱のアレ」を紹介。     ●著作: 花津ハナヨ ●4巻 完結     情熱のアレ 漫画あらすじ 同棲歴3年、セックスレス歴2年。今も記録更新中のマキ。ほんとは毎日だってしたいのに、うまく言えなくてモヤモヤしてしまう日々…。そんな時手伝うことになった実家のお仕事だが、それは大人のオモチャ屋さん!? 悩める大人の乙女のアレなお話です!     情熱のアレ 登場人物 藤崎真紀(ふざさきまき)…OLである。付き合って4年。同棲して3年の彼氏がいる。彼氏とは、2年セックスレスである。 友人に性的なことを相談することに対し、恥ずかしさがあり友人に相談できずに悩んでいた。 自分が女性としての魅力がないのでは?と、自問自答する日々が続いていた。 ひょんなことから、母親の経営するアダルトグッズの販売の手伝いをすることになる… 北川類(きたがわるい)…マキの彼氏である。勤務先は、マキと同じ会社である。 セックスだけが愛情表現を知る手段でないと考えている。下品なことが嫌いで、下品な話を平気でする女性が 特に嫌いである 。 淡白な性格のため、マキを満足させることができず、地震が持てずセックスレスになる。   由美(ゆみ)…マキの幼馴染である。マキと一緒にアダルトグッツを売ることとなるが、 抵抗がなく興味津々で楽しそうにしている。   情熱のアレ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「情熱のアレ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「情熱のアレ」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから マキは、普通のOLである。性的な話をするのが苦手だが、セックスには興味がある。 そんなマキには、同じ会社で働く彼氏がいる。 付き合って4年、同棲して3年になる。特に問題なく幸せそうなマキであるが…悩みがあった。 それは、セックスレスであること。類とは、2年も関係がなかった。 自分がじょせとしての魅力がないのでは??と、悩むマキであった。 類に相談したいが、下ネタを話す女性が大嫌いなため、自分の気持ちを話せずにいた。 友人にも、彼氏にも相談ができずにいたマキ…。 ある日突然、、マキの母親が過労で倒れてしまったのであった。 急いで駆けつけた マキ。 そこで、母親がアダルトグッツの問屋を経営していたことを知る。 ひょんなことから、友人の由美と手伝うこととなる。 […]

    2017/05/09
  • 娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ ネタバレ 漫画 感想

    漫画「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を今回ご紹介。廓で、赤線で、小舟に乗って。苦界に身を落とした娘たちの情念と境涯を描く「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を今回ご紹介。美女と名高い加恵は片倉家の令嬢。突然父が不始末により切腹申し付けられ家禄没収、しかも多額の借金があると言うのです。茫然とする加恵。加恵は金貸しに紹介された男に犯された挙句、吉原最下層の小見世に売られる-。他に生活のため身を売る娘の義兄への恋情とすれちがい、女郎だった母の亡霊に救われる娘の話、特殊飲食店で体を売る女の初恋など4編収録。娼婦の暮らしに興味のある人必見です! 今回は、漫画「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を紹介。     ●著作: 安武わたる ●1巻 完結     娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 漫画あらすじ 昭和の赤線を生きる女たちの悲哀を名手が描く衝撃作! 「指きりげんまん」昭和31年、吉原。「花之家」の藤江は己の性技一本でのし上がるが……。「吉原・投げ込み寺」女郎の子と知らず育った娘は、養い親が死んだことから生まれた見世に引き取られるが? 「吉原の赤い花」名家の令嬢が父親の死をきっかけに女郎に堕とされ……。「おちょろ舟」船上で春をひさぐ最下層遊女たち!     娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 登場人物 片倉 加恵(かたくらかえ) 普請奉行片倉清エ門の一人娘。美貌で名高く、嫁ぎ先も決まっていました。父が不始末をしたと吉原に売られ、死のうとします。 おゆう 女郎の産んだ娘で養父母に育てられます。養父母が亡くなり新吉原に戻され、下働きをしています。顔にあざがあります。   おセイ 旅芸人の女によって捨てられ、漁師の家に拾われます。嵐で義父を喪い、生活のために「おちょろ舟」で体を売る決心をします。   藤江(ふじえ) 特殊飲食店カフェー花乃家の女給。いつかは自分の店を持ちたいと、男に頼らず体一つで稼いできました。巧みな性技の持ち主。   娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「娘を売る街」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 普請奉行の令嬢片倉加恵は十八歳で結納を済ませたばかり。今一つ実感の湧かない加恵でしたが、仕事のことで沈みがちな父が今日は機嫌のいい事を嬉しく思います。しかし父は不始末のため切腹、家禄没収となり、家屋敷は召し上げられてしまいます。しかも札差屋(高利貸し)に多額の借金があると分かりました。茫然とするばかりの加恵は札差の連れてきた男に犯された上、裏通りの小見世に売られてしまいます。男に買われ続ける毎日があまりに辛く、首を吊ろうとした時外から話し声が聞こえ、加恵は松坂という旗本の悪事を父が暴こうとして返り討ちにあったこと、自分を犯した男が松坂であることを知ります。 正気に戻った加恵は松坂への復讐を決心し、美貌に加え教養があり床上手と吉原でも評判の女郎になります。 神社に参拝した時に、加恵は偶然松坂の息子勇之進と知り合いになります。勇之進は加恵に入れあげるようになり、妻として身請けしたいと言い出します。怒った松坂は加恵の部屋に乗り込みます。積年の恨み!と切り付ける加恵。そこに勇之進が現れ父を切り殺し自身も自害。加恵は親子が命を賭けて争った女郎として名を上げ大見世に移ります。美しく着飾り黒塗りの高下駄で廓を練り歩く花魁の加恵。その頬には一筋、流れるものがありました。(「吉原の赤い花」) セイは旅一座の女が捨てて行った娘です。漁師の息子松吉に拾われ、養父母・祖母・兄松吉と瀬戸内の島に暮らしています。島一番の金持ちの娘トヨが捨て子とバカにしますが、松吉が優しく庇ってくれます。セイは他の誰が敵でも、松兄さえ味方なら恐くないと思うようになりました。ある日養父と松吉は漁に出て嵐にあい船が転覆、養父は死に、松吉は足を怪我して海に出るのを恐れるようになり、養母は寝付いてしまいました。 生活は困窮し、気を落とす松吉を見てセイは「うちを好きにしてええよ」と松吉に自分の体を与え、その後おちょろ舟(停泊中の船に居る船員に体を売りに行くための船)に乗ります。辛い仕事でしたが、帰れば松吉は優しく世話をやいてくれるし、セイの稼ぎは貴重な収入です。新しい舟を買い、義母に薬を買ってやり、松吉の分も稼ごうとセイは懸命に働きます。昼は漁の手伝い、夜はおちょろ舟の生活をしているうちに、セイは身籠ってしまいます。松吉の子であるに違いないと言い聞かせ、子供と松吉の三人の暮らしを夢見て働き続けるセイ。出産を迎え産声を聴いた、と思いましたが養母も祖母も死産だったと言います。悲しみにくれながらセイは山へ入り、松吉とトヨのくちづけを見てしまいます。トヨは松吉が好きで、足が悪くても働ける仕事をあっせんし、金を貸してやると結婚を迫っていました。セイの子供も実は死産ではなく、結婚に障りのないよう始末されたのでした。セイは、ナタをふりかざしトヨに襲いかかる-。実は松吉は、船に乗れなくなった自分を不甲斐なく思い、こんな男はおトヨにくれてやる、と結婚を承諾したのでした。結婚して金が入ることで、せめてセイがおちょろ舟に乗らなくてもいいようにしてやりたかったのでした。セイはチョロ舟(小型の船)を手に入れ、新しい人生を歩き始めます。(「おちょろ舟」) おゆうは新吉原(大火により日本橋から浅草に移転した吉原遊郭)の女郎が産んだ娘でした。養父母に育てられましたが13歳の時に二人が亡くなり、再び遊郭に連れ戻されます。 おゆうは顔にあざがあるため見世には出ず、大黒楼で下働きをしていました。器量よしなのに見世に出ない事を「惜しい」と言われるので、名前も「おしい」で通しています。ある時見世で一番の売れっ子綾衣が「ぬしゃ、名はなんと」とおゆうに声を掛け、何くれと気にかけてくれるようになりました。 おゆうは女郎が来ないと怒った酔客に犯されてしまいます。同じころ綾衣は身籠り、おゆうを供に連れてお産のための養生に出かけます。綾衣は食べ物も喉を通らないほど沈んでいるおゆうに優しく接します。泣き出すおゆうに綾衣はしみじみと「つらいものでありんすなあ 女というものは…」と呟く。 綾衣はおゆうを投げ込み寺(遊女の遺体が投げ込まれた寺)に連れて行き、おゆうの母である浦路姐さんの墓の前で語ります。あざを作ったのはおゆうの顔に炭を落とした綾衣であること、浦路はそのままあざを拡げたこと。この子は籠の鳥にしたくないと、母の浦路は娘が女郎になれないよう顔に醜いあざをつけたのでした。 綾衣は見世の男と恋仲で、足抜けを考えていました。しかし男の方は逃げて綾衣を転売し、カネを儲けようと考えています。脚抜けの企てをおゆうが知っていることが分かり、男はおゆうを殺そうとします。おゆうは必死に投げ込み寺に逃げます。追ってくる男の前に、なんと母浦路と投げ込まれた女郎たちの亡霊が立ちはだかり、おゆうは助かります。それからおゆうは自由を手に入れるため、懸命に働くのでした。(「吉原・投げ込み寺」) 日本が戦争に負けて公娼制度が廃止されました。遊郭は飲食店などに姿を変えて営業し、その一帯は赤線と呼ばれ行き場を失った女郎たちが女給(給仕などの接客をする女性)として売春を続けていました。その赤線も売春防止法の施行で消えかかっている昭和31年。 カフェー花乃家の女給藤江は、器量はよくありませんが性技が巧みで、他の女給たち相手に金貸しをするほど稼いでいます。藤江は男に頼らず、自分で金を貯め店を開くのが夢でした。ある日藤江は池田行雄という美青年を拾い、店の下働きとして雇ってもらいます。二人で出かけた浅草の町で、藤江を卑猥な言葉でバカにする客を殴る行雄に藤江は感激して惹かれていきます。やがて二人は男女の関係に。そんな所に行雄の妻美都子が現れます。土下座して謝る行雄に、美都子は戻ってほしいと懇願します。しかし行雄は戦争で人を殺し、娘を死なせてしまったから、幸せになってはいけないのだと言う。そんな行雄に藤江は不幸でもいい、あたしと一緒に人生をやり直そうと言い、二人は指切りげんまんします。ところが二人の前で美都子が交通事故に遭う。狼狽する行雄を見て、藤江は行雄が本当に愛しているのは誰であるのか悟ります。藤江は昔女郎に習った真心の証として、小指を切り落とし行雄に渡して身を引き、一人人生をやりなおそうとするのでした。(「指きりげんまん」) どの作品も時代と土地柄を背景に、心も体も傷つきながら真っ当に生きて行こうとする娘たちの健気さに感動する短編集です。   娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 漫画 感想・口コミ いつの年代にもいろいろな形で体を売る女性がいて、どの女性も家や愛する人の犠牲になり、辛い悲しい思いをしていたという事を教えてくれる漫画です。花魁綾衣の廓言葉が今の時代には美しく響き、ため息が聞こえてくるようです。   【 […]

    2017/05/07
  • BLACK BIRD 感想 あらすじ まとめ

    漫画「BLACK BIRD」を今回ご紹介。原田実紗緒は、小さい頃から幽霊や、妖が見える体質であった。 そのせいで、幽霊や妖から嫌がらせをよく受けておびえていた。 そんなみさおをいつも助けてくれていたのが、烏水匡。 みさおの初恋の相手でもあった。 しかし、匡は急に「いつか迎えに来るから…」と、約束をし姿を消してしまう。 16歳の誕生日前日にみさおは、匡と再会するのであった。 喜んでいたみさおだったが、匡は、天狗の妖であり、烏水一族のであることを知る。 せっかく再会できた二人であったが、みさおの命を狙う妖が多数襲いかかる。 みさおと匡の純愛は、どうなるのか… 妖と人間の恋愛が 始まるの… 今回は、漫画「BLACK BIRD」を紹介。     ●著作: 桜小路かのこ ●18巻 完結     BLACK BIRD 漫画あらすじ いつかきっと迎えにいくから―― そうあなたが言ってくれたから私はずっと待っていた。あの日のあなたの温もりを。けれど私の前に現れたあなたの姿は黒い翼の異形の妖(あやかし)―――あなたが喰らうのは私の身体それとも―――あなたに囚われた私の心……!?     BLACK BIRD 登場人物 原田実紗緒(はだらみさお)…16歳の高校生。小さい頃から、幽霊や妖が見える体質であった。 それは、1000年に一度生まれる「仙果の娘」と、呼ばれる特殊な人間であったのが原因であった。 小さい頃は、匡に守られており、匡が初恋の相手であった。 16歳前日に匡と再会し自分が特殊な人間であること、匡が烏水一族であることを知る。   烏水匡(うすいきょう)…烏水一族(天狗)の長である。20歳。 もともとは、次男であった。小さい頃にみさおに惚れてしまう。 みさおを守るために努力をし、長となり再びみさおと再会する。 みさおの学校の副担任であり、数学教師をしている。   BLACK BIRD ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「BLACK BIRD」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「BLACK BIRD 」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから みさおは、小さい頃から幽霊や妖が見える体質であった。 いつも、幽霊や妖に嫌がらせを受けて、泣いている毎日だった。 実は、1000年に一度生まれる「仙果の娘」という特殊な人間であったからである。 仙果の娘とは、血を飲めば、妖の寿命が延び、肉を食べれば不老不死を与え、 花嫁に迎えれば、一族繁栄をもたらすといわれていた。 幽霊や妖からいつも、守ってくれていたのが、近所に住む烏水匡であった。 みさおは、匡の正体や自分の能力のことも知らずに過ごし、匡に恋心を抱いていた。 そんな、匡もみさおに惚れていたのだった。 「いつか迎えに来るから…」と、約束 […]

    2017/05/06
  • ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 感想 ネタバレ

    漫画「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を今回ご紹介。太平洋戦争末期の昭和20年。十美子は「ひめゆり看護隊」を率いて戦場で負傷者の看護をしていた。そこでは華々しい活躍ができる舞台などなく、現実は悲しく虚しいものだった。 今回は、漫画「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を紹介。     ●著作: 安武わたる ●1巻 完結     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 子のため、夫のため、地獄を生きた女たちの戦争史。「ひめゆりの歌が聞こえる」尽忠報国を掲げる軍国少女。非国民と罵られる対照的な少女に出会い、彼女は……。「敦化事件」口減らし同然で夫のもとに嫁いだ美和子。夫とともに満州へ渡るが……。「兵隊女房」<特殊看護婦>に応募した小枝子だったが、その仕事の内容は軍人相手の娼婦、つまり「兵隊女房」だった。「子供のためなら―「ヨイトマケの唄」より」娘のためなら身売りも厭わない母。しかし娘は「パンパンの子」といじめられ続け……。     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~登場人物 ☆天願十美子(てんがん とみこ) 軍人の娘。沖縄師範学校女子部では級長を務める。ひめゆり看護隊という学徒看護隊を率いる。   ☆平良松子(たいら まつこ) 祖母がユタ(占いなどをする霊能者)をしていることから、霊能者など心を惑わす非国民だと陰口をたたかれる。噂話は失礼だとかばってくれた十美子を信頼している。   ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「ひめゆりの歌が聞こえる」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 沖縄は精霊の島。精霊は御嶽にひそむ。 昭和20(1945)年3月、太平洋戦争末期の沖縄師範学校女子部。沖縄県下の学生は、男子は「鉄血勤皇隊」、女子は「学徒看護隊」として兵力不足を補うため戦場へ駆り出されていた。すでに彼女らの日常は戦地と化していたが、米軍はいよいよ沖縄へ向けて本格的な進攻を開始する。約1500隻の艦船と54万8千人の兵力をもって沖縄を襲った。迎える沖縄守備軍の兵力は10万人弱だった。大けがをし十美子のいる救護室へ運ばれてきた男性の暴れる腕をしっかり押さえつけ、腕を切り落とす補助をする十美子。沖縄に点在するガマ(自然洞窟)が防空壕や病院として利用されていた。訓練ではなかった臭気。汗、血、膿、入浴もできない百人もの人間の体臭、人いきれで酸欠状態になる。水汲みや飯上げ(炊事)は砲撃の合間をぬっておこなう命がけの作業だ。十美子と松子が水汲みに行く途中空からの攻撃にあうも、松子が瞬時に気づき伏せたことで逃れることができた。夜中も看護は続き、尿器を渡したり、両手が使えなくなった兵士の背中を掻いてあげたりしていると、死闘の衝撃でおかしくなり暴れまわる兵士がいて物凄い力で体を締められる松子は恐怖でガタガタと震えてい。周りにいた者でどうにか落ち着かせたが、これが現実だった。もっと華々しい活躍ができると思っていたが、ろくに治療もできないのに負傷兵はどんどん増え、24時間交代のはずが36時間ぶっ通しの勤務になる。休もうにも壕内はろくに体を横たえられない岩場。そんな勤務が続く中、下あごのない患者に食事介助をすることとなったが、下あごがないせいで下は伸び切り血まみれの患者をみて気を失ってしまう十美子だった。軍医の岸田にリンゲル剤を投与されて少しは良くなる十美子だったが、「そのうち薬品も不足して学生に回せなくなる」と言われ、ムッとする十美子。周りの女子たちは岸田軍医に手当されてうらやましいと浮かれているが十美子は岸田が嫌いだった。しかし、兵士から小言を言われているときに岸田がかばってくれることもあり、少しは見直す十美子だった。またその日、水汲みに向かっていると、空からの攻撃を受けるが、再び松子の指示で皆助かった。この前からよく爆撃がこないことがわかるものだと松子に関心していると、祖母はもっとすごいといい、祖母から引き継いだ「千里眼」でわかるのだと言う。小さいこと祖母に村の御嶽(祈りをする神聖な場所)に連れて行ってくれて「ここを守れ」と言われ、ここに来る前も祖母から「お前は御嶽を守る役目だから、この看護隊には加わるな」と言われたというが、友達は皆参加しているし、自分だけ逃げられないとここに来たという。その言葉を聞いて胸がざわつく十美子は「ひめゆり部隊(十美子のいる看護隊)は命を落とすし、日本も負ける」という松子の発言を聞いて松子の頬を叩いた。やはり松子は非国民だと思った。みんなこんなに必死に力を尽くしているのになんてことを言うのだ。「負ける」なんて思っていてがんばれるわけがない。毎日毎日攻撃は激しくなり、食糧も薬も換えの包帯すらなくなり、負傷兵の傷は腐るままだった。包帯がないので濃しぼりをしようと患者に手を伸ばすと、ジャクジャクと聞こえる奇妙な音。それは大量のウジ虫が傷口から発生し皮膚を食べている音だった。気持ち悪さに嘔吐するも、胃液しかでない。こんな日々はいつまで続くのだろうかと、空を見上げていると、兵士に襲われてしまうもあまりの突然のことに声が出ない十美子だった。   ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 漫画 感想・口コミ 戦争って壮絶すぎる。しっかりしている十美子も今の時代だとまだまだ子供で悲しい。二度と戦争を起こさないでほしい。また改めてこんな戦争相手だったアメリカ軍と今も沖縄の人たちは非常に近い場所で生活しているのを思うと、辛い思いをしている人たちも本当にたくさんいるだろうなと感じた。     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 漫画を無料試し読みする方法 「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができる。 下記リンクからトップページへ行って、検索欄で「ひめゆりの歌が聞こえる」と検索ですぐ読む事ができるよん。会員登録もアプリも不要だからオススメ ⇒「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」の無料試し読みはこちら♪ コミックサイトでも人気オススメの漫画だし、他の面白い作品も無料で試し読みができるからぜひ見てみてねー!         漫画の主人公のように、 自分らしくパワフルに生きたい方は こちら登録してみてね♪

    2017/05/04
  • 僕たちがやりました ドラマ原作 ネタバレ 感想

    漫画「僕たちがやりました」を今回ご紹介。平凡な高校生活に退屈しながらも、そこそこ楽しく生きているトビオ。いつも友人の伊佐美とマル、そして卒業生でニートだが、金持ちのパイセンとつるんでいた。ある日、隣にあるヤンキー高(矢波高)の生徒によって死にかけたマルの復讐をするため、その高校にプラスチック爆弾を仕掛け、脅かしてやろうと試みる。しかし、その爆弾がプロパンガスに引火し、矢波高の生徒10人が死亡する大事故に。平凡な日常が一転し、殺人を犯したトビオ達の人生はこれからどうなってしまうのか。 今回は、漫画「僕たちがやりました」を紹介するぜ。     ●著作:金城宗幸 荒木光 ●9巻 完結     僕たちがやりました 漫画あらすじ 金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論!!!!!     僕たちがやりました 登場人物 ☆増渕トビオ(ますぶちとびお) 人生は、無難にそこそこ楽しく生きればいいと考えている平凡な男子高校生。   ☆小坂秀郎(こさかひでろう) 通称パイセン。20歳で凡下高校の卒業生でニート。親が大金持ちの為、常に大金を持っている。友達がいず、トビオたちとつるんでいる。   ☆丸山友貴(まるやまゆうき) 通称マル。トビオと同じクラスの同級生。背が小さく、人懐っこく見えるが、平気で人を裏切る腹黒者。   ☆伊佐美翔(いさみしょう) 同級生で、トビオの仲間。唯一彼女がいる。のりで悪ふざけはするが、冷静で常識的な面も。 僕たちがやりました ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「僕たちがやりました」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「僕たちがやりました」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 退屈だけど、そこそこ楽しければいいじゃない?と、平凡な高校生活を送っているトビオ。同じ学校の伊佐美とマル、そして卒業生で部活のOBのパイセンとつるんでいる。このパイセンは親が金持ちの為、いつもかなりの大金を持っている。そして友達がいないので、トビオ達を遊びに引き連れては奢ってあげている。ある日、マルが隣のヤンキー高校(矢波高)の生徒に向かって悪口を言っているのを矢波高の生徒に聞かれてしまい、絡まれる。その場はパイセンがお金で買収して助けるが、その後マルだけ捕まり半殺しの目に合ってしまう。トビオ達はマルの復讐の為に矢波高にプラスチック爆弾を仕掛けることを計画する。(威力の弱い爆弾)夜パイセンと4人で高校に潜入し、いくつも爆弾を仕掛ける。次の日の昼休み屋上に集まり、4人は仕掛けた爆弾を遠隔で爆破させながら矢波高の生徒の反応見て楽しんでいた。しかし、最後のスイッチを押したとき、大きな爆発音と共に校舎一部が破壊され、火だるまになりながら逃げる生徒達の姿が。最後の爆弾が、プロパンガスに引火し大爆破を起こしたのだ。翌日10人の死亡が確認され事態は更に深刻になる。ニユースで、パイセンそっくりの犯人像が公開され、いよいよ警察の手自分達にかかって来たことを感じると、パイセンからそれぞれに口止め料として300万円を渡され、日本を離れ海外に身を隠そうと提案を受ける。伊佐美以外は賛成し、空港待ち合わせするが、当日空港で張り込んでいた警察にパイセンが捕まってしまう。。遊び半分で脅かすだけのつもりが、人を殺しをしてしまったトビオ達。平凡な日常が一転し、これから人生はどうなるのか?平凡であたりまえに生きられていることがどれだけ幸せかを感じられる漫画。今、人生がつまらないと感じている人に是非読んでもらいたい。 僕たちがやりました 漫画 感想・口コミ 重いテーマだが高校生の軽いノリと対比されて、とてもリアルに感じられた。一見の価値あり。   【2017年夏、実写ドラマ化決定!!ジェットコースター青春譚!】 トビオ、マル、伊佐美(いさみ)の3人は、凡下(ぼけ)高に通う何の特徴もない高校生。「そこそこ楽しい」生活を満喫する彼らを脅かす存在、それはすぐ近くの矢波(やば)高の不良ども。カツアゲに暴力、あいつらに絡まれたら楽しい日常が壊される。だから殺そう―――。 ヤンキーどもにちょっと仕返しをするつもりが、とんでもない悲劇を招いてしまった少年たちの逃亡ライフ!人間って根本的にクズなの?この世に愛ってあるの?あるとすれば、それは美しいもの?憎悪・恐怖・裏切り・失望・諦観・贖罪…畳み掛ける展開に、最終巻まで息つく暇がありません。 まだ子供なのに、子供だからこそ人間の本質と向き合わざるを得ない、彼らの行く末を見届けてください。   僕たちがやりました 漫画を無料試し読みする方法 「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができる。 下記リンクからトップページへ行って、検索欄で「僕たちがやりました」と検索ですぐ読む事ができるよん。会員登録もアプリも不要だからオススメ ⇒「僕たちがやりました」の無料試し読みはこちら♪ コミックサイトでも人気オススメの漫画だし、他の面白い作品も無料で試し読みができるからぜひ見てみてねー!         漫画の主人公のように、 […]

    2017/05/01
  • 世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編 ネタバレ あらすじ

    漫画「世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編」を今回ご紹介。雄太はコンビニで見切り品の「美女缶」を購入する。自分のことだけを好きな恋人が出てくる缶詰。雄太は缶詰から出て来たサキのことを大切にするのだったが美女缶には品質保持期限があり、二人の別れの時は迫っていた。 今回は、漫画「世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編」を紹介するぜ。     ●著作: 志水アキ 大野敏哉 落合正幸 筧昌也 春名功武 フジテレビジョン 共同テレビジョン ●1巻 完結     世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編 漫画あらすじ TVドラマ『世にも奇妙な物語』が衝撃の漫画化! #1[美女缶]「美女缶」があれば、あなただけを愛してくれる恋人が目の前に! #2[張り込み先]張り込み先の住人は、挙動…著しく不審! #3[私は、女優]今をときめく有名女優の「記憶」に異変が…。#4[ダジャレ禁止令]「ダジャレ禁止法」可決。その時、世のおじさん達は…? 小説[張り込み先-大橋家編-]刑事を悩ます「依頼者」たちは、張り込み先の大家族!     世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編 登場人物 ☆雄太(ゆうた) 高校生。美女缶に興味を持ち、母が3日間出張中に見切り品の缶詰を購入する。   ☆藤川サキ(ふじかわ さき) 美女缶から出てきた女の子。愛知県の私立高校に通う17歳で彼氏いない歴17年という設定。   世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編 ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 明日から夏休みという頃、冴えない友人の山中に美人な彼女ができた。山中は「美女缶」で彼女をゲットしたらしく、彼女が欲しければお金を貯めて美女缶を買えと勧めてきた。「美女缶」というのは幸せをもたらす夢の商品で、美女の他にも、子供ができない家庭や介護が必要なお年寄り向けなど、多様なニーズに応えられるよう種類はいろいろある。 ネット通販でも購入できるとあって検索すると、恋人が欲しい雄太にはやはり「美女缶」がおすすめとあり、自分だけを愛してくれる素敵な女性が手に入るという。様々な容姿、性格の美女から選べるという美女缶、その値段は600万円のものや、一番安いものでも20万円もする高額商品だった。学生の雄太にはとても買えるものではなく、諦めようと思っていたところ、コンビニのレジ横の棚に見切り品の美女缶が39800円で売られていたのだ。雄太は夏休みになったら買う予定だったゲーム機を諦めてその美女缶を購入した。家に帰宅すると、母は3日後まで出張で不在。早速、美女缶を使ってみる。 まず缶詰の空欄に使用者の名前を記入すると、女の子がその名前を記憶するという。お風呂の40度のお湯に缶詰の中身を流し入れ、よく混ぜる。蓋をして30分待つが、女の子は恥ずかしがり屋なので途中で、蓋を開けてはいけない。そもそも女の子はとても繊細で傷つけやすいので優しく扱うよう注意書きがされている。 雄太が買った缶詰には「サキ」と書かれていた。美女が完成するまで部屋で待機する雄太は落ち着かず、意味もなく部屋の掃除をして気を紛らわす。すると浴室から大きな物音が聞こえ覗いて見ると、そこには足をすべらせて転んでいる裸の女性(サキ)がいた。服を着替えたところで、サキは親と喧嘩をして行くところが雄太のところしかなかったという。そういう設定なのかと美女缶から出てきたわけだし、自分のことが好きという設定だとしたらと、いきなりサキに抱きつくと、サキは驚いて嫌だと拒絶し、家を飛び出していってしまった。 美女缶になぜ拒否されたのかわからないが、とりあえず見つけないと3万9800円が早くも無駄になってしまう。近所を探し回っていると、公園のブランコに座っているサキを見つけた。サキは泣いていて、女の子がみんなそんなんじゃないと言い、何もしないから帰ろうと言うと、ようやく戻ってくれた。設定上自分のことを好きだからと言って何をしてもいいというわけじゃないんだと気付いた雄太は、サキのことを大切にするのだった 。それに応えるかのようにサキは慣れない料理を自分から作ってくれたり、一緒にゲームをして笑ったり、マンションの屋上から花火を見たり、とても楽しい一日を過ごした。サキはさすがに疲れて眠ってしまい、寝返りをうったときにサキの太ももに数字が書かれているのを見つける。「品質保持期限」と書かれていて日付は明日を示していた。缶詰の説明欄には品質保持期限を過ぎると女の子は消えてなくなると記載されていた。サキの期限は明日。それまでに何をしてあげられるだろうと考える雄太。サキの行きたい場所やりたい事、できるだけたくさん叶えてやりたい。 一方、目が覚めたサキは、雄太がいないことに気づき脱ぎ捨ててあった服をたたみ片付けようと雄太の部屋へ入ると、ベッド下に隠してあった美女缶を見つけてしまった。そこには自分がこの缶詰から出て来たことが書かれていてショックで家を飛び出すサキ。部屋に戻った雄太はサキが缶詰のことを知ったことに気づき、サキを探し回る。 サキを見つけるもサキは自分が美女缶から生まれたということは自分の記憶にある海辺の町で育ったことや親も友達も何もかも嘘で、本当は存在しないこととわかり混乱して泣き崩れていた。そんなサキを雄太は俺との記憶は本物だと強く抱きしめるのだった。そしてこれからサキの行きたいところへ行こうといい、最後まで一緒にいると約束するのだった。   世にも奇妙な物語 マガジンコミックス編 漫画 感想・口コミ ラストが衝撃的すぎてかなり驚きました!切な過ぎる!ふたりが幸せになってくれていたらいいなぁ。     世にも奇妙な物語 […]

    2017/05/01
  • セイグッバイSay,good-bye マンガあらすじネタバレ

    漫画「Say,good-bye」を今回ご紹介。望まない場所に芽生えた愛情の顛末を、当事者の思いとともに細やかに描く「Say,good-bye」を今回ご紹介。30代の会社員田中一郎は雑誌で精子を提供して欲しいという突拍子もない広告を見つけます。広告主は若い女性。妻との間に子供は無く、自分の遺伝子を残したいと思い始めた一郎は広告主に会って彼女の部屋へ行く。他に結婚で禁断の関係を解消する姉弟を描く表題作、事故死した学園ヒーローの彼女だった少女の本当の気持ちなど、急逝した漫画家が愛の割り無さを描いた作品を収録。しっとり大人の愛に浸りたい人、必見です! 今回は、漫画「Say,good-bye」を紹介します。     ●著作:中野純子 ●1巻 完結     Say,good-bye 漫画あらすじ 恋の始まりは、決してきれいなものばかりじゃなかった。『ちさ×ポン』『ヘタコイ』で人気を博した著者が送る、様々な愛の形。交錯する想いと心の機微を軽快に、愛らしく描いた珠玉の作品集。本作は「ヤングユー」誌で掲載された作品群の中から選りすぐりのものを収録。2012年、急逝心疾患で逝去された著者。僕たちはその才を愛しみ、その死を惜しむ。     Say,good-bye 登場人物 山田 愛子(やまだあいこ) 25歳のOL。母一人子一人で育ちます。子供は欲しいけど結婚はしたくないと、雑誌に精子提供者を募る広告を出し、応募者の中から一郎を選びます。   里見 佳奈子(さとみかなこ) 甲子園のスターだった学園のヒーローと付き合っていた女子高生。周囲からは彼が事故死した悲しみから立ち直れない悲劇のヒロインと思われています。   Say,good-bye ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「Say,good-bye」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「Say,good-bye」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 田中一郎は保険会社勤務の会社員。仕事優先の妻との間に子供を作ることはないだろうと思っています。ある夏の日、書店で個人情報誌を立ち読みしていた一郎は「アタシに精子を!」という広告にクギ付けになります。広告主は山田愛子というOL。子供は欲しいけれど結婚したくない、認知も養育費もいらない、原始的な方法で精子を提供してくれる男性を募集する、という内容でした。一郎は自分の遺伝子を残したいという思いに我ながら驚きつつ、妻を傷つけたくない、その点が確認でき、自分の血を分けた子をしっかり育てられる人であれば是非僕を選んでほしいと手紙を出します。 山田愛子は一郎を選び、二人は喫茶店で待ち合わせします。愛子は男性と付き合っても愛しいとか思わない、結婚なんて考えただけでめんどくさいと言います。ホテル代を節約して愛子の部屋へ。シャワーを浴び、一郎がベッドで愛子を抱き寄せると愛子は、キスは奥様のためにとっておいてください、と言う。終わった後、愛子は一郎が「すごく上手だった」と言います。妻に教育されてるから、と言いつつ「君との方が素晴らしかった」と言う言葉を呑み込む一郎。 結果が出たら連絡する、妊娠しなかったらまたヨロシクと言われ、一郎は「そういう関係なんだから」と思いながら愛子の部屋を出ます。妻と避妊してセックスしながら、一郎は満たされない思いは「ほんの薄い隔たり」のせいだと思う。次に会った時、寝物語の後に服を着ながら「デキてるよ今度こそ!」と笑顔を見せる愛子に、一郎は少し寂しさを感じます。 季節が変わり、未だ愛子は妊娠しません。一郎は愛子と過ごす時間に満たされるものを感じ始め、「今月も“ハズレ”」と言う電話を待ちわびるようになります。秋も終わり、約束した日に愛子は熱を出してしまいます。キャンセルの連絡を受けた一郎は様子を見に行く。熱に浮かされながら高2の時中絶したからできないのかも知れない、と荒い息で喋る愛子に一郎は「考えすぎだよ」と頬に手を当てます。愛子はその手を払いのけ、痛みを背負うのは女だけだと激高する。帰り道、一郎は自分が女で妻と逆の立場だったらと思いますが、新しい仕事を任されたと喜ぶ妻を抱きながら、どうしようもなく男であることを自覚してしまう。 一郎は愛子とクリスマス前日に会います。明日は奥さんとデートするの?と愛子に聞かれ、そんな話は止めよう、と言う一郎。一郎は愛子と会っている時、妻の話を避けるようになります。 ある時二人で居る時に、愛子の母が自殺したという連絡が入ります。そしてそれから愛子とは連絡が取れなくなります。 最初に会った頃、愛子が母から「結婚が嫌でも子供は生きる力になる」と言われ決心したと言っていた事を思い出し、一郎はその時から恋に落ちていたのだ、と気づきます。妊娠が目的だから距離を置いた付き合いをするというルールを破り、一郎は愛子に会いに行きます。ルール違反だよ、と泣きながら言う愛子にキスし、翌日一郎は妻に別れを告げます。 一郎と愛子は、子供には恵まれませんでしたが、一生愛し合っていました。(「アタシに愛を!」) 里見佳奈子は滝ノ川高校一有名な女子高生。バイクで事故死した甲子園のスーパースター、高校のヒーローと言われる男子生徒の彼女で、誰に告白されても付き合おうとしない佳奈子。悲しみから未だ立ち直れない悲劇の美少女として男子生徒たちの憧れの的でした。佳奈子に1年生の水野がひとめぼれし、校門で告白しますが断られてしまいます。それでもあきらめず水野はしつこく佳奈子に付きまといます。もう2年もたったんでしょ、と言う水野に佳奈子の友人鈴子はまだ2年しかたっていない、佳奈子がどれだけショックだったか、と泣きながら抗議します。でも水野はあきらめません。佳奈子が一人で居る所に話しかけると、佳奈子は今度は自分が好きになった人に自分で告白する、スーパーヒーローと付き合っていた自分が水野ごときとは付き合えない、とはねつけます。 ある日佳奈子は寝坊してしまいます。外にはバイクで水野が待機している。仕方なく佳奈子は水野に乗せてもらいます。しかし2人を乗せたバイクは事故を起こしてしまい、二人とも病院に運ばれます。 放課後鈴子が見舞いに来て、佳奈子にもしもの事があったらどう責任を取るつもりか、と水野を責め立てます。突然「やめて!もう聞きたくない」と叫ぶ佳奈子。そして水野が彼の様に私をかばって死ねばよかったのか、そうなったらどう償っていいのか分からない、と言う。実は彼と付き合ったのはヒーローの彼女として注目されて気分が良かったから。彼の事は好きでもなんでもなかった。なのに一緒にバイクに乗っていた自分を庇って彼は死んでしまった。「こんな酷い彼女のために死んじゃったのよ。ばかみたいでしょう?」と泣きながら話す佳奈子。ずっとこんな思いを胸にしまっていたのだな、辛かっただろうな、と鈴子も泣いてしまいます。 佳奈子が退院してからも水野は佳奈子に近づいてきます。佳奈子は追い払うのを止め、一緒に登校するのでした。(「10月のヒロイン」) 親が一時期結婚していたので同居していたことがある異母兄妹の話。妹は父の妻の、兄は愛人の子供。しかし兄の母親は、父親が誰か分からないと言う。岡崎裕太は高校に入り、異母妹の岸みのるに会う。2人は12歳の時、「このさきどんなことがあっても一生君一人を愛する」と誓い合った仲。しかし裕太は既にそれを破っていました。一方みのるは再会を喜び、「少しでも一緒に居られる時間を大切にしたい」と言います。しかし裕太がセフレの理子と裸でいる所を見たみのるは逃げ出し、理子が追いかけ二人で考えるよう言います。このことで裕太はみのるへの本当の気持ちに気づく。 裕太はみのるに3つの選択肢を提示します。別れる・親に打ち明け血液検査で他人か兄妹かはっきりさせる・裕太がみのるを抱く。 離れたくないと言うみのるに、一度は裕太はみのるを抱こうとしますが、もし兄妹だったらという不安に2人は別の選択をします-。(「盛春少年」) 他に田舎に引っ越してきた双子の亮子・亮一は、祖母が高級娼婦だったと言う素行の悪い美少女有千花(ウチカ)に振り回されることに。亮子は有千花のことで母と喧嘩、亮一は不良から有千花を助けようと傷害事件を起こしかけてしまい、逃がしてくれた有千花は姿を消してしまう。(「有千花」) 悟は事故で両足が動かなくなった美しい姉真と肉体関係を持っています。真の足が動かなくなった時、これで真が他の男の所へ行かないと喜びさえしました。その姉が職場の同僚のプロポーズを受けたと言う。姉の結婚相手と会った後、あいつに俺の代わりが務まるのか?と聞く悟に真は、代わりではなく、私を幸せにできる人だと答える。真は悟に幸せになろうお互いに、といい、泣きながら「さよならと言って」と頼む。(「Say good-bye」) 一筋縄ではいかない、人生の意外な展開に戸惑いながらもそれぞれが将来に向かって歩き続ける姿がすがすがしい作品ばかりです。   Say,good-bye 漫画 感想・口コミ 倫理観や世間体とは全く関係なく、人は愛してしまったりまたその逆もある事を教えてくれる漫画。ただならぬ人間関係や取り返しのつかない思いが季節の移り変わりの中爽やかな絵柄で描かれていてストーリーを堪能させてくれます。   【 […]

    2017/04/30
  • 「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」 マンガ 感想 ネタバレ

    漫画「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を今回ご紹介。主人公の城戸龍彦(きどたつひこ)は、専門学校進学のため、東京で一人暮らしを始める。 引っ越し先のアパートの壁に小さな穴を見つけてしまう。 そこを除くと…オナニーをしている女の子がいた。 女の子と目があってしまい、隣人の部屋へ話をしに行く。 隣人は、かわいい女の子であった。穴をふさぐことを提案したが、 女の子(生野えみる)は、「のぞきあいっこしませんか?」と、提案してきたのだった。 今回は、漫画「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を紹介するぜ。     ●著作: 本名ワコウ ●13巻 完結     ノ・ゾ・キ・ア・ナ 漫画あらすじ 「私と“覗き合い”――しませんか?」 壁の穴で繋がった俺と彼女の、禁断の日替わり覗き合いライフ!!一人暮らしのアパートで見つけた壁の穴。視線を感じて覗いてみたら、隣の部屋の美少女と目が合った……!?覗き合い、見せ付け合う、アブノーマルなカ・ン・ケ・イ!めくるめくシ・ゲ・キとカ・イ・カ・ン、禁断と背徳のソリッド・シチュエーション・恋物語!!     ノ・ゾ・キ・ア・ナ 登場人物 城戸龍彦(きどたつひこ)…18歳で地味で真面目な性格の専門学生。通学のため上京しアパートに住み始める。 アパートの壁の穴を除くと隣人の女の子が自慰行為をしているのを見てしまう。 「見せ合いっこをしよう」と、言われえみるのことを毛嫌いしていたが、少しずつえみるのことが気になりだしてしまう。   生野えみる(いくのえみる)…18歳。龍彦の隣人で同じ学校へ通う同級生である。美人であるが、どこか掴みどころのない性格。 龍彦に対して憧れがある。龍彦へ「見せ合いっこをしよう」と、提案をする。 他人の部屋を覗くことで興奮する性癖を持つ。   ノ・ゾ・キ・ア・ナ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「ノゾキアナ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 城戸龍彦は、専門学校へ通うために、上京をする。一人暮らしを始める。 ある日、部屋に穴が開いていることに気が付く。 覗いてみると、かわいい女の子が自慰行為をしていたのだ…。 驚いていると、女の子(生野えみる)と目があってしまう。 穴をふさぐことを提案するために、隣人の部屋に行くが、「1日交替で見せ合いっこをしよう」と、提案される。 驚いて部屋に戻る龍彦であったが、どうしても穴が気になってしまう。 えみると関わらないように考えるも、えみるも同じ専門学校に通う同級生であった。 もちもん、周りの友人には二人の関係は秘密にしている。 気にしないように、、バ イトをしてり、彼女を作ったりするが… 龍彦とえみるの奇妙な生活が始まる…   ノ・ゾ・キ・ア・ナ 漫画 感想・口コミ ただのエロ漫画かと思ったら、えみると龍彦の恋愛関係が進んでいく… お互いに気にならないような、気になるような… […]

    2017/04/30
1 2 3