1. TOP
  2. 「月別アーカイブ:2017年05月 」一覧

「月別アーカイブ:2017年05月」一覧

  • 海月姫 まんが ネタバレ 映画原作

    漫画「海月姫」を今回ご紹介。クラゲ大好きな月海が暮らすアパート天水館は全員オタクの腐女子のが共同で暮らしている。ある日、月海が溺愛する熱帯魚で販売飼育されているクラゲ(クララと命名)に命の危機が迫っていた。 今回は、漫画「海月姫」を紹介。     ●著作: 東村アキコ ●16巻まで配信     海月姫 漫画あらすじ 史上初(?)の「本格腐女子漫画」! クラゲ大好きの女の子・倉下月海(くらした・つきみ)が暮らすアパートは男子禁制・ヲタ女子オンリーの天水館(あまみずかん)。ある日、月海が溺愛するクラゲ・クララのピンチを救ってくれたおしゃれ女子を部屋に泊めたら……!? 腐女子軍団「尼(あま)~ず」も人気爆発中♪     海月姫 登場人物 ☆倉下月海(くらした つきみ) 18歳。イラストレーターを目指し上京してきた女の子。大人になればお姫様のようになれるものだと思っていたが、いつの間にやら腐女子になっていた。 海月姫 ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「海月姫」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「海月姫」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 子供のころ母親に連れて行ってもらったクラゲの水族館。お姫様のドレスのようなフリフリのクラゲを見て母は「女の子は大きくなったらみんなみんな美しいお姫様になれる」と言った。母の言ったとおりだった。月海はイラストレーターを目指して上京し早くも半年、大都会の東京にはお姫様がたくさんいることを知った。しかし、残念なことにいつの間にやら月海本人は、どこをどう間違えたのかお姫様にはなれず、腐った女の子になってしまった。渋谷のパルコで開催されている写真展に辿り着く前に、目眩、動悸、息切れ等の症状に襲われ、泣く泣く引き返してきた月海。月海のクラゲ愛をもってしても辿り着けなかったのだ。そのことを同じアパートに住む友人に話すと気持ちがわかると励ましてくれた。美しい姫にこそなれなかったが、東京で毎日楽しく暮らしている月海だった。インターネットのコミュニティサイトで知り合った友達に誘われ、この共同アパートに住み始めて3ヶ月、住人の皆は親切で優しくて嬉しいことに住人全員が月海と同じ腐った女の子だった。それぞれ専門ジャンルは違うものの、みんな筋金入のオタ女子で、もちろん独身で彼氏もいない。なので月海たちは自分たちのことを「尼~ず」と呼んでいた。ある日、月海たちのアパートに入居したいという希望のメールが届く。一見さんはお断りしているのだが、最近このような入居希望が多く面倒に感じていた。何かわかりやすい言葉をHPに載せなければと思うのだが、どうも思いつかない。そこで4号室の目白先生にお願いすることにした。月海はまだ目白にあったことがなかったが、目白はボーイズラブの売れっ子漫画家なのだが、対人恐怖症で夜行性のため、イリオモテヤマネコ並みに遭遇率が低いのだ。「わかりやすくページのトップに載せたい」と紙に書き、ドアの隙間から差し入れる。目白からの返事は「男を必要としない人生」と書かれた紙が返された。ふと、母親と水族館に行ったときの記憶を思い出す。白いフリフリのお姫様のドレスのようなクラゲが綺麗で見惚れていると、母親が「月海がお嫁に行くときは、こういう真っ白いドレスを作ってあげる」と言ってくれて、凄く嬉しかったし、白くて綺麗なフリフリのドレスが欲しいと思った。しかし、月海の母親は月海が子供の頃に病気で亡くなってしまった。最後に母親と出かけたのは実家の鹿児島の海辺にポツンと建っていた小さなクラゲ水族館。あの日、母親と一緒に見た真っ白なクラゲがあまりにも綺麗で月海はその魅力に取り憑かれてしまった。学校の図書館で図鑑をめくってクラゲにたくさんの種類があることを知り、病院のベッドで横になっている母親にクラゲの話ばかりしていた。自分の名前も「海月(クラゲ)」をひっくり返した名前だと喜び、由来はクラゲから来ているのかと母に尋ねるも、さすがにクラゲからではなく、月の綺麗な夜に海の近くの病院で生まれたから「月海」と名付けたと言われたことを思い出す。母親とのことを思い出して、少し寂しくなったときはいつも、クララに会いに行く。クララとは熱帯魚屋にいるタコクラゲのこと。クララに会うのは2日ぶりだった。すると、クララの水槽にお友達が増えていたのだが、それがクララとは合わないミズクラゲだった。タコクラゲとミズクラゲを一緒に飼育すればタコクラゲが弱って死んでしまう。お店の人に知らせようと店内を覗くと、おしゃれな髪型におしゃれな服、おしゃれなヒゲにおしゃれなピアスをつけた男性店員しかいなかった。尼~ずの天敵のおしゃれ人間で、しかも男。話しかけるなんて絶対無理だと震える月海だったが、今、月海が助けてあげなければクララが死んでしまう!と、勇気を振り絞り、ガラス越しに入口をコツコツコツコツと小さく連打する月海。その不気味さにドン引きする店員だったが、もう閉店だからと言いに近づいてきた。月海は、挙動不審ながらも「そこの…タコクラゲの水槽の中に…ミズクラゲが….」と吃りながら店員に伝えるのだったが、上手く伝わらない。このピンチを乗り越えなければ大好きな可愛いクララの命が危ないと焦る月海だった。 海月姫 漫画 感想・口コミ 映画化されて前々から気になっている漫画でした。冒頭から面白くて掴まれました。クラゲの為に勇気を振り絞って店員に話しかけるところが優しさが伝わってきて応援したくなる。尼~ずも独特な人たちだけどいい人ばかりで好き。月海も大好きなクラゲみたいな綺麗なドレス着れる日が来るといいなぁ。   【 止められない止まらない 】 この漫画家さんのギャグセンスが余すところなく発揮されている作品です~。 いたいたこんなこと言う子! オタクくくりにされてる昨今ですが、高校時代クラスに馴染んでフツーにいました。 いじる訳でなく、あの子おもしろい。独自の感性が皆に認められてたけどなぁ。 隠れないで出ておいで!と声をあげたい。 一歩間違えば?皆オタク。 わが道突き進むその勇気こそ、愛すべきキャラ達なのです~。   海月姫漫画を無料試し読みする方法 「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができる。 下記リンクからトップページへ行って、検索欄で「海月姫」と検索ですぐ読む事ができるよん。会員登録もアプリも不要だからオススメ ⇒「海月姫」の無料試し読みはこちら♪ コミックサイトでも人気オススメの漫画だし、他の面白い作品も無料で試し読みができるからぜひ見てみてねー!         漫画の主人公のように、 自分らしくパワフルに生きたい方は こちら登録してみてね♪

    2017/05/11
  • 失恋日記 ネタバレ 結末 感想

    漫画「失恋日記」を今回ご紹介。つまずき、傷つき、不思議を感じて愛する心が深くおおらかに成長していく様子を描く短編集「失恋日記」を今回ご紹介。私の気持ち、どうしてわかってくれないの?と彼にキレまくり、ストーカー化しつつある猪狩。自分が怖くなってきて、開発されたばかりの愛情を抑制する薬を飲んで彼を忘れようとついに決心。彼の前で薬を飲み、最後に一度だけ抱いてもらいます。さて薬の効き目は。他に結婚8年目で夫が抱いた恋心の顛末、日記を読んで知る亡くなった婚約者の思いなど、切なさが心に残る6編を収録。失恋から立ち直れない人、必見です! 今回は、漫画「失恋日記」を紹介。     ●著作: 柏木ハルコ ●1巻 完結     失恋日記 漫画あらすじ 女性誌に掲載されたレア傑作を完全網羅!! 圧倒的パワーと存在感で胸に迫る6作品を収録! ●別れる/●DIARY/●夫の片思い/●初恋ガーディアン/●裸のえろ/●憧れのブルマ ―愛する人と別れる覚悟を決めた女の行動。唐突に訪れた婚約者の死が遺した、知らなかった「彼女」との対面。結婚8年目に夫から告げられた衝撃の告白。恋する乙女はいつだって全力疾走! 「えろちゃん」との忘れられない不思議な出会い──。衰退の一途をたどるブルマに隠された、壮大で重大な秘密…!? 心を揺さぶる柏木ハルコ恋愛短編集     失恋日記 登場人物 猪狩(いかり) 同僚吉井の率直な告白にのぼせ上り、自分の思いを押し付けまくって引かれてしまいます。彼の心を取り戻そうとエスカレートする自分が怖くなり愛情をコントロールする薬を飲みます。 陽一郎(よういちろう) 結婚8年目のサラリーマン。優柔不断でいまいち頼りない性格。会社で契約社員をしている四十台の女性に恋をします。妻に相談し、言われた通り告白してみるのですが…。 恵理(えり) 平野洋一郎の妻。夫に職場の女性に恋をしていると相談され、告白するよう答えます。そしてこのことで、夫が自分にとってどんな存在であるかを自覚するようになります。 失恋日記 ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「失恋日記」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「失恋日記」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 開発されたばかりの「過剰な恋愛感情を抑制する薬」で、猪狩は自分の暴走を止めようと思います。このままではストーカーになって私か彼が傷つき、どちらにしろロクな事にはならないとベッドに身を投げ出し猪狩は考え続けます。 同僚の吉井に無表情な顔で、「ちゃんと自分の頭で考えてるっていうか なんかいいと思う」と言われてのぼせ上り、猪狩は二人の間に温度差ができ始めていたのも気づきませんでした。 この人なら自分をわかってくれると甘え、好きなら100%理解できる筈、と期待していました。次第に吉井の顔から笑顔が消えていき、話しかけても露骨に無視するようになりました。イラついた猪狩が帰って!とヒステリックに叫べば、言い返しも表情を変えもせずに出て行ってしまう。そのあとを、猪狩は泣いて涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにして、周囲の眼も構わず追いかけたこともありました。1日50回もメールを送るようになり、会社まで追いかけ、ついには家へも押しかけて不法侵入の一歩手前まで行ってしまう。もっと冷静な人間だったはずなのに、吉井の心を取り戻そうとしてモンスターになっていく自分を猪狩はコントロールできなくなっていました。 そして謝っては泣き、泣き顔にうんざりされて傷つき余計悲しくなって顔の形が変わるほど泣いてしまう。そんな思いまでしたのに、まだ吉井の事が好きなのはなぜだろう、と泣いたあとの酷い顔で猪狩は思います。猪狩は吉井に「今夜新薬を飲んで二度と吉井くんの前には現れない。その前に一度だけ会いたい」とメールを送りました。 吉井は猪狩の部屋に、眉根に皺を寄せたうんざりした顔で、本当に飲んでくれるの?忙しいんだけど、と言いながら入って来ます。またその顔…と思いながらも泣くのをこらえ、「飲むからさ-最後に一回だけ抱いて」と言うと吉井は何か病気でもうつそうとしてるんじゃないかと疑いのまなざし。そこまで疑われて猪狩が涙腺崩壊しかけると、吉井は泣くんなら帰ると言い出す。ぐっと涙を拳でぬぐい、猪狩は一気に錠剤をあおります。「効き目があらわれるのは2、3時間後 イヤならいいよ 帰って」とベッドにあおむけに横たわる猪狩。沈黙の後、吉井がのしかかってきてキスします。唇の感触に思わず涙ぐむ猪狩。「なんで泣くの」と体を離す吉井に猪狩は「帰らないで」と頼みます。肌を合わせているうちに、猪狩には別れたくない気持ちがこみあげてきます。口に出すと彼も泣いていて、それはできないと言う。それならば、と猪狩は吉井「最後くらい笑顔みせてよ」と吉井にせがみます。しかし、吉井は笑う事ができず猪狩の体を抱き続ける…。 翌日、吉井の眼から見て猪狩は変わっているようには見えませんでした。身体の調子を聞くと、猪狩はなんだか体が軽くなったようだ、相手のことを嫌いになるということではないようだと言います。そして「別々の道を歩むことになってもアンタの幸せを願ってるよ」と背をむけ、猪狩は歩き出すのでした。(「別れる」) 陽一郎と恵理は結婚8年目の夫婦。子供はありません。 ある日、陽一郎が深刻そうな顔をしてうつむき「ごめん…他に好きな人ができた」と恵理に言います。目をみひらき、口が半開きになってしまう恵理。お相手は職場の派遣社員で、恵理より5つくらい歳上の40代の女性植草さん。恵理は、「人の心は縛れない」という考えの持ち主。だから陽一郎には好きな人ができたら怒らないから教えて、と伝えてありました。陽一郎も、オレは浮気はできないから、そういう時は本気だと思う、と恵理に言っていました。 不倫関係なのか、と聞けば陽一郎はしてない、そういうことできる人間じゃないから、と言います。それなら植草さんは陽一郎の事をどう思っているのか、好きなのか、と恵理が聞くと、わからない。自信がない、こういう場合、どうしたらいいと思う?と恵理に聞いてくる始末。夫の優柔不断さにキレた恵理は、植草さんに告白しろ、と言って二人が逢っている所を隠れて観察することにします。現れた女性は生き生きとした、地に足をつけて生活している感じの人でした。彼女を見て恵理は、自分にとっての宝物は陽一郎であること、陽一郎に優しくしてこなかったことに気づきます。泣きながら理恵は思う。「神様 もしもう一度チャンスを与えてもらえるなら、私は一生絶対に絶対に大切にします」 陽一郎が帰宅します。恵理は、植草さんと3人一緒でもいいから、ずっと一緒に居てと陽一郎に懇願します。しかし陽一郎はそれにたいする返事はせず、外に出てしまいます。 後日来た植草さんの返事は、「奥さんときちんと向かい合って話し合って、それで合意の上で離婚ってことになったら、あらためてプロポーズってことにしよう」というものでした。理恵は陽一郎の考えを尊重しようと別れてもいいよ、と決断を陽一郎に託します。陽一郎は、そんな時でも答えを出さず、3年が過ぎてしまいます。植草さんは他の男性と結婚。結局愛想つかされたね、と理恵には言われますが、実は陽一郎も、恵理を大切にしようと心に決めていたのでした。(「夫の失恋」) 婚約者広瀬弓絵を、結婚まで一か月という時に事故で喪ってしまった平野太郎。彼女の部屋に残された日記帳には太郎の悪口がいっぱいでした。「え 何だよそれ オレ…何かしたか?」と愕然とします。葬儀に出ても素直に故人を悼むことができません。葬儀場でピアニストである弓絵の双子妹を見かけ、太郎は突然、ピアノを弾く女性を弓絵と勘違いし、「キリっとして別人のような美人」と言ってしまったことを思い出します。太郎はその女性を褒め続け、弓絵はひどく怒ってしまった…。自分では気づかないうちに、弓絵を傷つけていたのかも知れない。意を決して、太郎は押入れから出てきた弓絵の日記帳を読み始めます。そこには妹へのコンプレックスをはじめとして、弓絵のいろいろな思いが綴られていました。太郎は弓絵のほんの一部しか知らなかったことに気づきます。太郎は未だ聞いていなかった弓絵からの留守番電話があったことを思い出し、再生します。そこには太郎への愛の言葉が残っていました。(「DIARY」) 他にボーイッシュな先輩後輩である中学生の、恥ずかしくも真剣な初恋を描く「初恋ガーディアン」、徴兵を逃れホームレスになった漫画家と、彼にまとわりつき、体を与えることで食べ物をもうらおうとする「えろちゃん」の奇妙な共同生活と別れを描く「えろちゃん」、研究者山田がブルマを通して考察する常識の作られ方(「憧れのブルマ」)など、どの作品も女の子たちの体当たりな生き方が、切なく心に残ります。   失恋日記 漫画 感想・口コミ どの作品も登場人物が表情豊かで可愛く、いきいきと描かれていて物語に入っていきやすかったです。「えろ」ちゃんのエロシーンが特に可愛い。日頃あまり顧みることのない「自分にとって本当に大切なもの」を教えてくれる漫画です。   【 ありきたりの失恋話で… 】 ありきたりの失恋話ではなく、色々な意味での別れの話。少女漫画のような感じが苦手な人にオススメかもしれない。 一話毎に清々しい寂しさみたいなものもあって私は好きです。   […]

    2017/05/09
  • 情熱のアレ ネタバレ あらすじ 感想

    漫画「情熱のアレ」を今回ご紹介。OLのマキは、付き合って4年。同棲して3年の彼氏がいる。 しかし、2年間セックスレスが続いていたのであった。まったくその気がない彼。 むしろ、積極的に行うことが嫌いであった。なので、彼にも言えず、友人にも相談できずに過ごしていた。 自分に魅力がないのでは??と、ずっと悩んでいたのであった。 そんなある日、母が過労で倒れてしまい駆けつける。 ひょんなことから、母親の経営している「大人のおもちゃ」の問屋の仕事を手伝うことになる… 今回は、漫画「情熱のアレ」を紹介。     ●著作: 花津ハナヨ ●4巻 完結     情熱のアレ 漫画あらすじ 同棲歴3年、セックスレス歴2年。今も記録更新中のマキ。ほんとは毎日だってしたいのに、うまく言えなくてモヤモヤしてしまう日々…。そんな時手伝うことになった実家のお仕事だが、それは大人のオモチャ屋さん!? 悩める大人の乙女のアレなお話です!     情熱のアレ 登場人物 藤崎真紀(ふざさきまき)…OLである。付き合って4年。同棲して3年の彼氏がいる。彼氏とは、2年セックスレスである。 友人に性的なことを相談することに対し、恥ずかしさがあり友人に相談できずに悩んでいた。 自分が女性としての魅力がないのでは?と、自問自答する日々が続いていた。 ひょんなことから、母親の経営するアダルトグッズの販売の手伝いをすることになる… 北川類(きたがわるい)…マキの彼氏である。勤務先は、マキと同じ会社である。 セックスだけが愛情表現を知る手段でないと考えている。下品なことが嫌いで、下品な話を平気でする女性が 特に嫌いである 。 淡白な性格のため、マキを満足させることができず、地震が持てずセックスレスになる。   由美(ゆみ)…マキの幼馴染である。マキと一緒にアダルトグッツを売ることとなるが、 抵抗がなく興味津々で楽しそうにしている。   情熱のアレ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「情熱のアレ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「情熱のアレ」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから マキは、普通のOLである。性的な話をするのが苦手だが、セックスには興味がある。 そんなマキには、同じ会社で働く彼氏がいる。 付き合って4年、同棲して3年になる。特に問題なく幸せそうなマキであるが…悩みがあった。 それは、セックスレスであること。類とは、2年も関係がなかった。 自分がじょせとしての魅力がないのでは??と、悩むマキであった。 類に相談したいが、下ネタを話す女性が大嫌いなため、自分の気持ちを話せずにいた。 友人にも、彼氏にも相談ができずにいたマキ…。 ある日突然、、マキの母親が過労で倒れてしまったのであった。 急いで駆けつけた マキ。 そこで、母親がアダルトグッツの問屋を経営していたことを知る。 ひょんなことから、友人の由美と手伝うこととなる。 […]

    2017/05/09
  • 娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ ネタバレ 漫画 感想

    漫画「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を今回ご紹介。廓で、赤線で、小舟に乗って。苦界に身を落とした娘たちの情念と境涯を描く「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を今回ご紹介。美女と名高い加恵は片倉家の令嬢。突然父が不始末により切腹申し付けられ家禄没収、しかも多額の借金があると言うのです。茫然とする加恵。加恵は金貸しに紹介された男に犯された挙句、吉原最下層の小見世に売られる-。他に生活のため身を売る娘の義兄への恋情とすれちがい、女郎だった母の亡霊に救われる娘の話、特殊飲食店で体を売る女の初恋など4編収録。娼婦の暮らしに興味のある人必見です! 今回は、漫画「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を紹介。     ●著作: 安武わたる ●1巻 完結     娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 漫画あらすじ 昭和の赤線を生きる女たちの悲哀を名手が描く衝撃作! 「指きりげんまん」昭和31年、吉原。「花之家」の藤江は己の性技一本でのし上がるが……。「吉原・投げ込み寺」女郎の子と知らず育った娘は、養い親が死んだことから生まれた見世に引き取られるが? 「吉原の赤い花」名家の令嬢が父親の死をきっかけに女郎に堕とされ……。「おちょろ舟」船上で春をひさぐ最下層遊女たち!     娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 登場人物 片倉 加恵(かたくらかえ) 普請奉行片倉清エ門の一人娘。美貌で名高く、嫁ぎ先も決まっていました。父が不始末をしたと吉原に売られ、死のうとします。 おゆう 女郎の産んだ娘で養父母に育てられます。養父母が亡くなり新吉原に戻され、下働きをしています。顔にあざがあります。   おセイ 旅芸人の女によって捨てられ、漁師の家に拾われます。嵐で義父を喪い、生活のために「おちょろ舟」で体を売る決心をします。   藤江(ふじえ) 特殊飲食店カフェー花乃家の女給。いつかは自分の店を持ちたいと、男に頼らず体一つで稼いできました。巧みな性技の持ち主。   娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「娘を売る街」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「娘を売る街~昭和の赤線・吉原~」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 普請奉行の令嬢片倉加恵は十八歳で結納を済ませたばかり。今一つ実感の湧かない加恵でしたが、仕事のことで沈みがちな父が今日は機嫌のいい事を嬉しく思います。しかし父は不始末のため切腹、家禄没収となり、家屋敷は召し上げられてしまいます。しかも札差屋(高利貸し)に多額の借金があると分かりました。茫然とするばかりの加恵は札差の連れてきた男に犯された上、裏通りの小見世に売られてしまいます。男に買われ続ける毎日があまりに辛く、首を吊ろうとした時外から話し声が聞こえ、加恵は松坂という旗本の悪事を父が暴こうとして返り討ちにあったこと、自分を犯した男が松坂であることを知ります。 正気に戻った加恵は松坂への復讐を決心し、美貌に加え教養があり床上手と吉原でも評判の女郎になります。 神社に参拝した時に、加恵は偶然松坂の息子勇之進と知り合いになります。勇之進は加恵に入れあげるようになり、妻として身請けしたいと言い出します。怒った松坂は加恵の部屋に乗り込みます。積年の恨み!と切り付ける加恵。そこに勇之進が現れ父を切り殺し自身も自害。加恵は親子が命を賭けて争った女郎として名を上げ大見世に移ります。美しく着飾り黒塗りの高下駄で廓を練り歩く花魁の加恵。その頬には一筋、流れるものがありました。(「吉原の赤い花」) セイは旅一座の女が捨てて行った娘です。漁師の息子松吉に拾われ、養父母・祖母・兄松吉と瀬戸内の島に暮らしています。島一番の金持ちの娘トヨが捨て子とバカにしますが、松吉が優しく庇ってくれます。セイは他の誰が敵でも、松兄さえ味方なら恐くないと思うようになりました。ある日養父と松吉は漁に出て嵐にあい船が転覆、養父は死に、松吉は足を怪我して海に出るのを恐れるようになり、養母は寝付いてしまいました。 生活は困窮し、気を落とす松吉を見てセイは「うちを好きにしてええよ」と松吉に自分の体を与え、その後おちょろ舟(停泊中の船に居る船員に体を売りに行くための船)に乗ります。辛い仕事でしたが、帰れば松吉は優しく世話をやいてくれるし、セイの稼ぎは貴重な収入です。新しい舟を買い、義母に薬を買ってやり、松吉の分も稼ごうとセイは懸命に働きます。昼は漁の手伝い、夜はおちょろ舟の生活をしているうちに、セイは身籠ってしまいます。松吉の子であるに違いないと言い聞かせ、子供と松吉の三人の暮らしを夢見て働き続けるセイ。出産を迎え産声を聴いた、と思いましたが養母も祖母も死産だったと言います。悲しみにくれながらセイは山へ入り、松吉とトヨのくちづけを見てしまいます。トヨは松吉が好きで、足が悪くても働ける仕事をあっせんし、金を貸してやると結婚を迫っていました。セイの子供も実は死産ではなく、結婚に障りのないよう始末されたのでした。セイは、ナタをふりかざしトヨに襲いかかる-。実は松吉は、船に乗れなくなった自分を不甲斐なく思い、こんな男はおトヨにくれてやる、と結婚を承諾したのでした。結婚して金が入ることで、せめてセイがおちょろ舟に乗らなくてもいいようにしてやりたかったのでした。セイはチョロ舟(小型の船)を手に入れ、新しい人生を歩き始めます。(「おちょろ舟」) おゆうは新吉原(大火により日本橋から浅草に移転した吉原遊郭)の女郎が産んだ娘でした。養父母に育てられましたが13歳の時に二人が亡くなり、再び遊郭に連れ戻されます。 おゆうは顔にあざがあるため見世には出ず、大黒楼で下働きをしていました。器量よしなのに見世に出ない事を「惜しい」と言われるので、名前も「おしい」で通しています。ある時見世で一番の売れっ子綾衣が「ぬしゃ、名はなんと」とおゆうに声を掛け、何くれと気にかけてくれるようになりました。 おゆうは女郎が来ないと怒った酔客に犯されてしまいます。同じころ綾衣は身籠り、おゆうを供に連れてお産のための養生に出かけます。綾衣は食べ物も喉を通らないほど沈んでいるおゆうに優しく接します。泣き出すおゆうに綾衣はしみじみと「つらいものでありんすなあ 女というものは…」と呟く。 綾衣はおゆうを投げ込み寺(遊女の遺体が投げ込まれた寺)に連れて行き、おゆうの母である浦路姐さんの墓の前で語ります。あざを作ったのはおゆうの顔に炭を落とした綾衣であること、浦路はそのままあざを拡げたこと。この子は籠の鳥にしたくないと、母の浦路は娘が女郎になれないよう顔に醜いあざをつけたのでした。 綾衣は見世の男と恋仲で、足抜けを考えていました。しかし男の方は逃げて綾衣を転売し、カネを儲けようと考えています。脚抜けの企てをおゆうが知っていることが分かり、男はおゆうを殺そうとします。おゆうは必死に投げ込み寺に逃げます。追ってくる男の前に、なんと母浦路と投げ込まれた女郎たちの亡霊が立ちはだかり、おゆうは助かります。それからおゆうは自由を手に入れるため、懸命に働くのでした。(「吉原・投げ込み寺」) 日本が戦争に負けて公娼制度が廃止されました。遊郭は飲食店などに姿を変えて営業し、その一帯は赤線と呼ばれ行き場を失った女郎たちが女給(給仕などの接客をする女性)として売春を続けていました。その赤線も売春防止法の施行で消えかかっている昭和31年。 カフェー花乃家の女給藤江は、器量はよくありませんが性技が巧みで、他の女給たち相手に金貸しをするほど稼いでいます。藤江は男に頼らず、自分で金を貯め店を開くのが夢でした。ある日藤江は池田行雄という美青年を拾い、店の下働きとして雇ってもらいます。二人で出かけた浅草の町で、藤江を卑猥な言葉でバカにする客を殴る行雄に藤江は感激して惹かれていきます。やがて二人は男女の関係に。そんな所に行雄の妻美都子が現れます。土下座して謝る行雄に、美都子は戻ってほしいと懇願します。しかし行雄は戦争で人を殺し、娘を死なせてしまったから、幸せになってはいけないのだと言う。そんな行雄に藤江は不幸でもいい、あたしと一緒に人生をやり直そうと言い、二人は指切りげんまんします。ところが二人の前で美都子が交通事故に遭う。狼狽する行雄を見て、藤江は行雄が本当に愛しているのは誰であるのか悟ります。藤江は昔女郎に習った真心の証として、小指を切り落とし行雄に渡して身を引き、一人人生をやりなおそうとするのでした。(「指きりげんまん」) どの作品も時代と土地柄を背景に、心も体も傷つきながら真っ当に生きて行こうとする娘たちの健気さに感動する短編集です。   娘を売る街~昭和の赤線・吉原~ 漫画 感想・口コミ いつの年代にもいろいろな形で体を売る女性がいて、どの女性も家や愛する人の犠牲になり、辛い悲しい思いをしていたという事を教えてくれる漫画です。花魁綾衣の廓言葉が今の時代には美しく響き、ため息が聞こえてくるようです。   【 […]

    2017/05/07
  • BLACK BIRD 感想 あらすじ まとめ

    漫画「BLACK BIRD」を今回ご紹介。原田実紗緒は、小さい頃から幽霊や、妖が見える体質であった。 そのせいで、幽霊や妖から嫌がらせをよく受けておびえていた。 そんなみさおをいつも助けてくれていたのが、烏水匡。 みさおの初恋の相手でもあった。 しかし、匡は急に「いつか迎えに来るから…」と、約束をし姿を消してしまう。 16歳の誕生日前日にみさおは、匡と再会するのであった。 喜んでいたみさおだったが、匡は、天狗の妖であり、烏水一族のであることを知る。 せっかく再会できた二人であったが、みさおの命を狙う妖が多数襲いかかる。 みさおと匡の純愛は、どうなるのか… 妖と人間の恋愛が 始まるの… 今回は、漫画「BLACK BIRD」を紹介。     ●著作: 桜小路かのこ ●18巻 完結     BLACK BIRD 漫画あらすじ いつかきっと迎えにいくから―― そうあなたが言ってくれたから私はずっと待っていた。あの日のあなたの温もりを。けれど私の前に現れたあなたの姿は黒い翼の異形の妖(あやかし)―――あなたが喰らうのは私の身体それとも―――あなたに囚われた私の心……!?     BLACK BIRD 登場人物 原田実紗緒(はだらみさお)…16歳の高校生。小さい頃から、幽霊や妖が見える体質であった。 それは、1000年に一度生まれる「仙果の娘」と、呼ばれる特殊な人間であったのが原因であった。 小さい頃は、匡に守られており、匡が初恋の相手であった。 16歳前日に匡と再会し自分が特殊な人間であること、匡が烏水一族であることを知る。   烏水匡(うすいきょう)…烏水一族(天狗)の長である。20歳。 もともとは、次男であった。小さい頃にみさおに惚れてしまう。 みさおを守るために努力をし、長となり再びみさおと再会する。 みさおの学校の副担任であり、数学教師をしている。   BLACK BIRD ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「BLACK BIRD」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「BLACK BIRD 」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから みさおは、小さい頃から幽霊や妖が見える体質であった。 いつも、幽霊や妖に嫌がらせを受けて、泣いている毎日だった。 実は、1000年に一度生まれる「仙果の娘」という特殊な人間であったからである。 仙果の娘とは、血を飲めば、妖の寿命が延び、肉を食べれば不老不死を与え、 花嫁に迎えれば、一族繁栄をもたらすといわれていた。 幽霊や妖からいつも、守ってくれていたのが、近所に住む烏水匡であった。 みさおは、匡の正体や自分の能力のことも知らずに過ごし、匡に恋心を抱いていた。 そんな、匡もみさおに惚れていたのだった。 「いつか迎えに来るから…」と、約束 […]

    2017/05/06
  • ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 感想 ネタバレ

    漫画「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を今回ご紹介。太平洋戦争末期の昭和20年。十美子は「ひめゆり看護隊」を率いて戦場で負傷者の看護をしていた。そこでは華々しい活躍ができる舞台などなく、現実は悲しく虚しいものだった。 今回は、漫画「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を紹介。     ●著作: 安武わたる ●1巻 完結     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 子のため、夫のため、地獄を生きた女たちの戦争史。「ひめゆりの歌が聞こえる」尽忠報国を掲げる軍国少女。非国民と罵られる対照的な少女に出会い、彼女は……。「敦化事件」口減らし同然で夫のもとに嫁いだ美和子。夫とともに満州へ渡るが……。「兵隊女房」<特殊看護婦>に応募した小枝子だったが、その仕事の内容は軍人相手の娼婦、つまり「兵隊女房」だった。「子供のためなら―「ヨイトマケの唄」より」娘のためなら身売りも厭わない母。しかし娘は「パンパンの子」といじめられ続け……。     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~登場人物 ☆天願十美子(てんがん とみこ) 軍人の娘。沖縄師範学校女子部では級長を務める。ひめゆり看護隊という学徒看護隊を率いる。   ☆平良松子(たいら まつこ) 祖母がユタ(占いなどをする霊能者)をしていることから、霊能者など心を惑わす非国民だと陰口をたたかれる。噂話は失礼だとかばってくれた十美子を信頼している。   ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ ネタバレ ネタバレ前に無料試し読み! ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメ!登録不要で、一番長く無料試し読みができる。下記リンクからトップページの検索で「ひめゆりの歌が聞こえる」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもしないですぐに読める!マジ簡単! ⇒「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」を無料で試し読みはこちら♪     ここから、ネタバレ・感想など書いていく。     ネタバレはここから 沖縄は精霊の島。精霊は御嶽にひそむ。 昭和20(1945)年3月、太平洋戦争末期の沖縄師範学校女子部。沖縄県下の学生は、男子は「鉄血勤皇隊」、女子は「学徒看護隊」として兵力不足を補うため戦場へ駆り出されていた。すでに彼女らの日常は戦地と化していたが、米軍はいよいよ沖縄へ向けて本格的な進攻を開始する。約1500隻の艦船と54万8千人の兵力をもって沖縄を襲った。迎える沖縄守備軍の兵力は10万人弱だった。大けがをし十美子のいる救護室へ運ばれてきた男性の暴れる腕をしっかり押さえつけ、腕を切り落とす補助をする十美子。沖縄に点在するガマ(自然洞窟)が防空壕や病院として利用されていた。訓練ではなかった臭気。汗、血、膿、入浴もできない百人もの人間の体臭、人いきれで酸欠状態になる。水汲みや飯上げ(炊事)は砲撃の合間をぬっておこなう命がけの作業だ。十美子と松子が水汲みに行く途中空からの攻撃にあうも、松子が瞬時に気づき伏せたことで逃れることができた。夜中も看護は続き、尿器を渡したり、両手が使えなくなった兵士の背中を掻いてあげたりしていると、死闘の衝撃でおかしくなり暴れまわる兵士がいて物凄い力で体を締められる松子は恐怖でガタガタと震えてい。周りにいた者でどうにか落ち着かせたが、これが現実だった。もっと華々しい活躍ができると思っていたが、ろくに治療もできないのに負傷兵はどんどん増え、24時間交代のはずが36時間ぶっ通しの勤務になる。休もうにも壕内はろくに体を横たえられない岩場。そんな勤務が続く中、下あごのない患者に食事介助をすることとなったが、下あごがないせいで下は伸び切り血まみれの患者をみて気を失ってしまう十美子だった。軍医の岸田にリンゲル剤を投与されて少しは良くなる十美子だったが、「そのうち薬品も不足して学生に回せなくなる」と言われ、ムッとする十美子。周りの女子たちは岸田軍医に手当されてうらやましいと浮かれているが十美子は岸田が嫌いだった。しかし、兵士から小言を言われているときに岸田がかばってくれることもあり、少しは見直す十美子だった。またその日、水汲みに向かっていると、空からの攻撃を受けるが、再び松子の指示で皆助かった。この前からよく爆撃がこないことがわかるものだと松子に関心していると、祖母はもっとすごいといい、祖母から引き継いだ「千里眼」でわかるのだと言う。小さいこと祖母に村の御嶽(祈りをする神聖な場所)に連れて行ってくれて「ここを守れ」と言われ、ここに来る前も祖母から「お前は御嶽を守る役目だから、この看護隊には加わるな」と言われたというが、友達は皆参加しているし、自分だけ逃げられないとここに来たという。その言葉を聞いて胸がざわつく十美子は「ひめゆり部隊(十美子のいる看護隊)は命を落とすし、日本も負ける」という松子の発言を聞いて松子の頬を叩いた。やはり松子は非国民だと思った。みんなこんなに必死に力を尽くしているのになんてことを言うのだ。「負ける」なんて思っていてがんばれるわけがない。毎日毎日攻撃は激しくなり、食糧も薬も換えの包帯すらなくなり、負傷兵の傷は腐るままだった。包帯がないので濃しぼりをしようと患者に手を伸ばすと、ジャクジャクと聞こえる奇妙な音。それは大量のウジ虫が傷口から発生し皮膚を食べている音だった。気持ち悪さに嘔吐するも、胃液しかでない。こんな日々はいつまで続くのだろうかと、空を見上げていると、兵士に襲われてしまうもあまりの突然のことに声が出ない十美子だった。   ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 漫画 感想・口コミ 戦争って壮絶すぎる。しっかりしている十美子も今の時代だとまだまだ子供で悲しい。二度と戦争を起こさないでほしい。また改めてこんな戦争相手だったアメリカ軍と今も沖縄の人たちは非常に近い場所で生活しているのを思うと、辛い思いをしている人たちも本当にたくさんいるだろうなと感じた。     ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ 漫画を無料試し読みする方法 「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができる。 下記リンクからトップページへ行って、検索欄で「ひめゆりの歌が聞こえる」と検索ですぐ読む事ができるよん。会員登録もアプリも不要だからオススメ ⇒「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」の無料試し読みはこちら♪ コミックサイトでも人気オススメの漫画だし、他の面白い作品も無料で試し読みができるからぜひ見てみてねー!         漫画の主人公のように、 自分らしくパワフルに生きたい方は こちら登録してみてね♪

    2017/05/04
1 2 3 4 5